あなたの愛車を車検に出そう!予約サイト比較

TOP > 車検の予約について > 車検を受ける際の予約の必要性とは

車検を受ける際の予約の必要性とは

 自動車は新車ならば登録日から三年後、それ以後は二年ごとに車検を受ける必要があります。法律で定められており、車検を受けることは義務なので、受けないという選択肢はありません。車検を受ける際には、業者に依頼するという人が大半ではないでしょうか。その際には、事前に予約しておくと確実に引き受けてもらうことができます。急に持って行って受けてもらえることももちろんありますが、タイミングによっては車検を受ける人がたくさんいて、混み合い車検を受けたいと思い持って行った日には受けてもらえない可能性があります。急に持っていくのではなく、必ず予約しておいた方が良いといえます。車検が切れてしまうと、その自動車には乗ることができなくなるので、早めに予約しておくようにするべきではないでしょうか。

 車検を依頼することができる先としては、ディーラーや町工場、ガソリンスタンドや車検専門業者があり、それぞれに予約の方法には違いがあります。近年では依頼はインターネットや電話で行うことができ、手間もかかりません。電話ならば問い合わせれば良いだけですが、受付が営業時間内にしかできません。インターネットからの予約ならば、二十四時間受け付けているところも多く、画面の指示通りに入力すれば誰でも簡単にすきなタイミングで予約をする事ができます。車検を受けたい日の一週間から二週間前からの予約を受け付けている所が多いので、余裕を持っておくようにしましょう。車検が切れてしまうギリギリでも、受けることができれば問題ありますんが、中には予約が取れないケースもあるので余裕を持っておくべきです。

 車検の予約は通常は、有効期限が切れる一ヶ月前から行うことが基本となっています。しかし、いつから車検が予約できるのかと言うと、規則としては有効期限内であればいつでも問題はありません。しかし持ち越しとなるのは一ヶ月前から更新期限までの間に更新する場合だけであり、一ヶ月より前に受けてしまうと本来あったはずの有効期限が消失してしまうので、損をすることになってしまいます。そうならないためには、一ヶ月前から期限までの間に受けることがポイントとなります。ギリギリになると必要となる書類が揃えられておらず、車検が受けられないということにもなりかねないので、ある程度は余裕を持ち予約しましょう。一ヶ月の間で、何日か車検を受けることができる日を考えておくこともポイントになります。

PAGE TOP