あなたの愛車を車検に出そう!予約サイト比較

LINE UP

車検業者の予約のしやすさを調べるのに便利

車検業者は街中には、沢山あります。ただし、その業者によって車検の予約のしやすさは異なります。ある業者では電話や直接窓口で申込むしか車検の予約ができない所もあれば、インターネットから車検の予約ができる業者もあったりします。どこの業者に車検を依頼するかは、この予約しやすさで選ぶことが大事になってきます。

車検を依頼するにしても電話や直接窓口では車検業者の営業時間内にしなくてはいけませんので、日中忙しいと中々そうした方法では車検の予約を申込むのが難しいです。その点、インターネットから車検の予約を申込めるならば24時間いつでも申込むことができますので、こちらのが断然車検の予約がしやすいです。

ではどこの車検業者が車検の予約がしやすいのかどうか調べれば良いかですが、その際に便利なサイトがあります。それが、こちらの比較サイトです。この比較サイトでは、各々の車検業者の特徴を詳細に比べることができます。その比べる項目の中には、車検の予約の申込み方法というのがあります。この項目を見ておけば、どういった方法で車検の予約が行えるのかが分かります。それによって、車検の予約がしやすい業者を探せます。

車検の速太郎

RADERCHART

自動車は家族の送迎やショッピングなど様々な場面で利用されます。そして自動車は一定期間毎に車検を行う必要が有りますが、お得な価格で対応するなら車検の速太郎の利用がお勧めです。ここでは検査費用が全車種一律となっています。

また申請代行手数料が不要となっていますので車検費用を更に安く対応出来ます。ここでは立合い車検を行いますので点検整備内容にも納得しながら対応が可能です。作業は複数の整備士が作業分担しますのでスピーディーに対応出来ます。

車検の速太郎では車検予約をネットで24時間受付け対応している事に加えて、近くの店舗をネット検索して、電話を行い予約する事も可能です。この様に便利な車検の速太郎は高い人気です。

公式サイトはコチラ

アップル車検

RADERCHART

自動車は一定期間毎に法令で定められた点検整備を行う車検に通す事が必要です。そして車検の際にはマイカーを預ける事になりますが、スピーディーに車検対応する会社としましてアップル車検が有ります。ここでは朝預けて夕方には車検が完了します。

またアップル車検はネットで車検の見積もりと予約を行う事が可能となっていまして、24時間受付け対応しています。アップルは全国各地に店舗を構えていますので、自宅から近い場所にある店舗を選んで利用を行えます。

アップルは定休日や営業時間が店舗によって異なりますので、予約の際には利用店舗の情報を確認して検討を進めます。またサイトでは利用者の口コミも掲載されており参考に出来ます。

公式サイトはコチラ

ファースト東京株式会社

RADERCHART

ファースト東京株式会社については、ディーラーと同じ資格を所持した民間車検場になります。車検切れの車が自宅にある場合、どうやって車検の手配をすればいいか、悩むこともあるでしょう。その際、ファースト東京株式会社のロードサービス部門の積載車により、お客とともに車を運んでくれます。

それから、車検の予約を入れる際、早めに予約すると料金が安くなることがあります。しかし、前々から予定を立てるのは厳しいものです。ファースト東京株式会社に関しては、どのタイミングで予約を入れても、驚くほどの安い料金で車検整備を受けることができます。

また、ディーラーでお願いする車検というのは、基本料金の他にも、点検料や検査料、手数料など、様々な料金がプラスしてきます。一方、ファースト東京株式会社においては、点検料や検査料などはまったくかからずにすみます。

公式サイトはコチラ

ホリデー車検

RADERCHART

車検費用で悩む人、多いのではないでしょうか。一番困ることが、部品を交換すると言われても、その部品の状態を見ることが出来ないと言うことです。ホリデー車検は、整備の現場に立ち会ってもらうことで、納得の行く部品交換を行なうようにしています。

車検には二日もかかると言われることが、多くあります。ですが、休日を連休で取る必要もあることから非常に面倒な場合があります。予約をしておいたホリデー車検は、最短60分で終わることもあり、その場で待つことが出来るメリットがあります。

初年度登録から15年未満で、走行距離が15万キロ未満の日本製車種であれば、車検完了時にあんしん保障に入ることをお薦めします。月々993円(税抜き)で、回数制限なしでの故障保証があり、12ヶ月点検なども無料で行うことが出来るようになっています。

公式サイトはコチラ

ENEOSフロンティア

RADERCHART

ENEOSフロンティアでは、車検に当たるのは厳しい訓練を受けた国家資格取得整備士であり、「ディーラーじゃないと。」というお客様の不安を吹き飛ばす納得のクオリティを提供します。また複数のコースをご用意し、お一人一人のニーズに合わせたサービスの提供が可能です。

予約についても、ENEOSフロンティアならば非常にスムーズです。ホームページにて車種と地域を選択すると、お近くで対応可能なSSが一覧で表示されます。詳細条件の入力を済ませ、「予約する」ボタンを押して頂ければ、それで完了です。全てインターネット上で済ませる事が出来ます。

車検前にはお客様にも立ち会って頂き、事前点検を行ってお車の状態や必要なメンテナンスについて説明及び提案をさせて頂きます。更に、車検後にはSSごとにWAX洗車や定期的な無料安全点検などの特典を提供させて頂きます。

公式サイトはコチラ

イエローハット

RADERCHART

自動車を保有しますと日常生活の様々な場面で活用して便利に暮らしてゆく事が出来ます。自動車は定期的に車検を行う事が必要ですが、この際にはイエローハットの利用がお勧めです。ここでは全国各地に店舗を構えていまして自宅から近い店舗を利用出来ます。

イエローハットの特徴としまして、部品や消耗進の大量仕入れを行う事によって整備費用を抑えて行く事が可能な点です。また点検整備内容はお客さんと対話しながら決めて行きますので、納得して車検を進めて行く事が出来ます。

イエローハットは車検見積もりをネットで24時間受付けしており、コールセンターでも10時から18時まで対応しています。そして車検は店舗に営業日を確認しながら電話にて予約対応する事が可能です。

公式サイトはコチラ

車検を予約するには整備工場をよく知ってこそ

マイカーを抱えているからには法律で定期的に車検を行う必要があります。そうでないと法律違反で公道を走れないからです。その車検は厳密には、ユーザー車検なる自分で整備して車検場に持ち込んで合格させるやり方もあります。これは整備士など相当な知識と経験のある人でないと難しく、事実行はどこかの整備工場に依頼するのが一般的な方法といえます。さてその整備工場に依頼するからには予約というのを必要とします。というのはこれをやらずにいきなり持ち込んだとしても、よほど暇でもない限りは先客の整備するべき車があるからです。そのために後回しにされてしまいます。だから予約が必要なわけですが、これをやる際はまず最初に電話で車検を行いたい旨を伝えます。その際にスタッフの言うことをメモできる用意をしておきます。通常は車検で用意するべきものはお金だけではありません。他に車検証や自賠責証明書、自動車税を支払ったことを証明する納税証明書、そして定期点検整備記録簿を用意しておきます。

これらは通常は車の助手席のダッシュボードに保管がされています。なので予約前にはそこに確実にそれらの書類があるかを確認となります。次にやるべきことはどこの整備工場に頼むかとなります。というのは車の整備をする工場は全国各地にたくさんあります。その中から良さそうな工場を選ぶことになります。しかし同じ車の整備工場といえども、料金価格も微妙に違えば、車の整備する技術もサービスレベルもやはり微妙に異なります。そして最近は整備する料金体系も複雑になりまして、同じ整備工場に頼んだとしても最低限の整備しかしない安価なメニュー、すべての箇所を整備するメニューなどいろんなのが登場しています。しかしここで大事なのは誰しも安くしたいところだけど、最低限の検査修繕しかしていないメニューは本当の意味では安全とはいえないと、整備工場自身のスタッフも認める場合があることです。最低限の検査修繕メニューは車検に合格するだけのレベルに過ぎず、そのあとに故障などが発生するリスクを抱えることとなりやすいので注意となります。

その整備工場には大きく2つの部類に分けることができます。1つは指定工場、もう1つは認証工場となります。このうち前者の指定工場は国土交通省からお墨付きを与えられた検査修繕レベルの高い工場となります。ここの工場の特徴は後者の認証工場と違って整備した車を実際に陸運局の車検場へ持ち込まなくてもよいことです。そのためにうまくすれば、その分の時間短縮を図ることができます。そのため確実にそして技術サービスレベルの高い整備を依頼したい場合は指定工場であることの確認となります。その指定工場となってる整備工場は別の見方をすれば複数の種類に分類することができます。1つは自動車メーカー自身の工場でディーラーとも呼ばれています。ここが一般的にはもっとも技術サービスレベルの高い検査修繕となります。ただし反面として価格は少々割高気味ともなります。もう1つは全国チェーン店の修理工場などととなります。他にもカー用品店や一部の個人工場で指定工場になってる場合もあります。これらは実際にお店の看板とかホームページなどの情報源で確認する必要があります。

PAGE TOP